データベーススペシャリスト

データベーススペシャリスト

情報処理に関する国家試験のうち、データベースを構築・管理する能力を認定する試験になります。

 

データベーススペシャリスト試験は、データベースに関する固有技術を活用。
情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者を対象とする。

 

この試験は、システムエンジニアの中でも、データベースの設計担当者や責任者などを主な対象とした試験です。
テクニカルエンジニア系資格の難易度比較では、難易度の高い順から言うと、

 

情報セキュリティ

ネットワーク

データベース

エンベデッドシステム

 

だと判断します。

 

旧テクニカルエンジニア(データベース)試験から一番変わったのが、記述されてる量が増えたこと。
読まねばならないところが多くなりましたが、難易度そのものは高くなっていないようです。
過去問をやっていれば問題ないでしょう。

 

 

国家試験で誰でも受験可能です。

 

☆受験料☆

 

5,100円(税込)

 

 

無料メルマガ

ホーム RSS購読 サイトマップ